blog
FCMG
FCMG BLOG
2017.05.08
カテゴリ : DAILY TIPS

おはようございます。

上毛労務 岩野です。

 

とうとうGWも終わり、お休み中、旅行やゴルフなどで英気を養い、

本日から仕事を開始される方も多いと思います。

 

私事ですが、GW中に数年ぶりに高校の同級生数名と会い、一緒に食事を

しながら学生時代の話で盛り上がったのですが、40歳も過ぎた中年の

集まりにもなると、話題はしだいに「健康」に関することになり、

仕事とともに、体についても大きな転換期を迎えていることを心の底から

感じました。

 

ある雑誌を読んでいたところ、会社のトップと言われる人は、ジョギングや

ヒルクライムに挑戦したりなど、継続的に運動をしている人が多いそうです。

特にジョギングは脳が活性化され、思考力や判断力が増す効果があり、

ダイエット効果だけでなく、脳のトレーニングにも効果があるそうです。

 

ほとんどの方は適度な運動は体にいいことはわかっている。しかし、現実は

限られた時間の中で、運動への時間を捻出するのは難しいという方も多いので

はないでしょうか。

 

そんな時、私はいつも「3日間だけやってみよう」とハードルを低く設定し、

軽い気持ちで始めます。

いわゆる、3日坊主です。その3日間の繰り返しを習慣化してきました。

まずは、やってみよう。

勉強でもスポーツでも初めの一歩はいつも一緒のような気がします。

 

今年もまた、藤井経営は県民マラソンの協賛企業となり、社員の健康増進の一環

として取り組むこととなりました。

弊社副社長より「社員みんなが健康で生き生きと働き、最高のパフォーマンスが

できるように」と考えてくださったこと。

 

社員に健康になってもらいたい!という会社からのメッセージをしっかりと受け取り、昨年に引き続き、県民マラソン参加に向けて体力作りをしていきたいと思います。

 

2017.05.04
カテゴリ : DAILY TIPS

藤井経営の藤井武です。
大型連休も後半に突入し、4日・5日は早くも Uターン
ラッシュが、各高速道路において想定されています。
遠方へお出かけの方も多いと思いますので、くれぐれ
も交通事故等にはお気を付けください。

先日、かねてよりお話をお聞きしたいと思っていた
医療法人伯鳳会、五葉会 理事長 古城資久
(こじょうもとひさ)先生のご高話を拝聴する機会に
恵まれました。
古城先生は地元兵庫県赤穂市の病院を事業承継後、
M&Aによる病院買収により事業拡大を達成されてお
り、この業界でその存在を知らない人はおりません。

先生のお話の中で、今後の会社経営にあたり、改めて
心に留めておきたいことをまとめると・・・

<現代の経営は、チーム経営の時代>
社員の意識改革を推進するためには、適切な役割とそれ
に基づく仕事を設定し、最高度の業務推進力を創造す
る。
そのため、役職者の選定を誤ると社員の意識改革は不可
能となる。仕事ができる事、能力がある事や上位資格が
ある事とリーダーの素養は全く別物である。

<自立的(自律的)社員の誕生>
自立的(自律的)社員とは、経営を主体的に考える
社員である。
社員に財務諸表を全開示し、会社の“現状”を知っても
らい、社員がやりたいことが可能なのか、それが会社の
経営理念に合致するのか、共に考える。
改革を実践するのは社員自身であり、道しるべを示す
のが経営者である。

<兵は神速を貴ぶ>
経営上の課題は多い。一つの課題解決にこだわり、
時間を費やし、同時に進めなけらばならない課題に手が
つかないことで、改革は大幅に遅延する。
100点を求めるのではなく、60点できたら次の課題
へ進む。

<事業拡大にあたって>
いかにうまみがある事業でも、自分が嫌いと感じる事業はやらない。
自分が好きと思うことでないと他社には勝てない。
新事業がうまく行かないことで企業の存続が危うくなる
様な事業には手を出さない。また、過半数の人が賛成す
る事業は、すでに陳腐化している。

経営に王道はありませんが、成功者の言葉ほど重みの
ある事実はない、と思うところが多々あり、非常に貴重
なご講演でした。

2017.05.03
カテゴリ : 人事・労務

上毛労務 薗田です。

GW後半、今日から5連休という方も多いのでないでしょうか。

弊社も本日より休業のため、初めての予約投稿になります!

オリックスではこの春より、1年に1回、5営業日以上連続して有給休暇を取得した社員に3万~5万円の奨励金を支給する『リフレッシュ休暇取得奨励金制度』を導入しました。

支給対象はリフレッシュを目的としたレジャー関連費用(交通費・宿泊費・飲食費等で、同行の家族や友人の分を含むことも可)としています。

働き方改革を背景に、大手企業を中心として連続休暇を促進する企業は増えていますが、報奨金まで出すケースは珍しく、話題になりました。実際、社内でもどよめきが起きたそうです。

何故ここまでして連続休暇を促進するのでしょう・・・

会社として、やみくもに連続休暇の取得を促進しているわけではなく、心身のリフレッシュと同時に生産性を向上していく、という狙いがあります。

仕事を個人で抱えるのではなくチームでフォローし長期間の不在にも対応できる体制や、従来より短時間でやり遂げるための業務の効率化。長期での休暇をとる大前提で、こうした取り組みが必要になります。

5営業日の連続休暇は土日も含めると9連休になりますね。

長期休暇で、旅行へ行ったり、家族とゆっくり過ごしたり、地域の活動に参加したり・・・仕事とは違う自分自身の興味関心に時間を存分に注いで、広い視野をもち人間としての幅を広げてもらいたい、という会社の意図もあるのではないでしょうか。

「中小企業で連続休暇導入は?」というと、現状ではまだまだ少数で、実際の導入も難しいケースが多いのかもしれません。

これから人材難は加速し、短時間で効率よく仕事を完結することを組織として考えていかなければならないのは、避けられない現実です。

『働くときは集中して思い切って働き、休むときは仕事から完全に離れて思い切って休む』メリハリある働き方、意識的に取り組んでいきたいですね。

2017.05.02
カテゴリ : DAILY TIPS

昼間は20℃を超える日になり、過ごしやすい日が続いている。旧暦では八十八夜。朝夜はまだ肌寒いが、「夏もちかづく・・・」とあるように、また暑い日が近づいていることは確かだ。実際の「茶摘み」は地方により差はあるようだが、若葉が多くなっているのは確かで、なんとなく気持がいい。

「お茶」というと思い出す言葉がある。あまり縁起のよい言葉ではないが「お茶っぴき」。

まだ、働き始めて2,3年目の頃、担当した新しく開業したばかりの寿司屋さんとの会話のなかで、「参ったよ、昨日はお茶っぴきだったよ」といわれ、何のことかわからず聞き返し「お茶っぴき」の意味を教えてもらった。「お客が一人も来なかった。」

初めて聞く言葉に興味があったのか、新しく担当したお客との会話に興味があったのかどちらかは覚えていないが、いまだに、この言葉を思い出すたびに、あの人に教わったということも思い出す。普段、使う言葉ではないが、何故か忘れない。聞いていたときの気持ちの問題なのか?

もともと忘れやすい頭の私だが、最近特にひどい。普段の会話を適当に流して聞いてしまっているのか?(それだけではないと思いますが・・・)

新しい人と出会う機会が多い時期ではありますが、まず相手の話をよく聞くことも良いコミュニケーションを取ることのひとつです。

自分の意見を言うことも大切だか、相手の話を聞くことの大切さを再認識しています。

 

 

 

2017.05.01
カテゴリ : DAILY TIPS

おはようございます。

上毛労務の岩野です。

 

いよいよ、ゴールデンウイークとなりました。

カレンダー通りのお休みの方もあれば、9日間の連休という方もおり、

新緑の季節を迎え、連休では初夏のファッションに身をつつみ、

家族や友達たちと旅行や遊びでかける人も多いのではないでしょうか。

 

さて、ファッションと言えば、流行。季節というきっかけを節目に、

毎年少しずつ変化しています。

こと事業経営に関しても同様で、時代に応じたきっかけ、

つまり「時流」があり、

今まであたり前だった事が突如として、あたり前でなくなったりすること

があり、時代の変化とともに、自らの考え方を変化させなければ

ならないと常々感じています。

 

自社の今の商品やサービスが10年後も今と同じように残っているのか?

こう考えた時、いかに自らのサービスを時代にあわせていくか、

どう変化させていくのか、業種や規模に関係なく、常に考えていかないと

これから数年後、時代に飲み込まれてしまうだろうと思えて仕方ありません。

 

類にもれず、弊社も変革期。これからも顧客と向き合い、業務に精通した

プロフェッショナル集団として、最新の情報を提供し、あらゆる視点から

顧客をサポートしてく所存です。

 

文末になりますが、連休中は各所、どこも大変混雑していると思います。

お出かけする際には、くれぐれも安全運転を心がけ、楽しい休日を

お過ごしください。

株式会社藤井経営
Copyright(C) Fujii Keiei Inc. All Rights Reserved.