blog
FCMG
FCMG BLOG
1
2019.06.06
カテゴリ : お知らせ

こんにちは、総務の藤井です。

今年も11月3日に第29回ぐんまマラソンが開催されます。
6月3日に公式サイトで申込の受付が開始されましたが、今年はなんとその日のうちにリバーサイドジョギングのAとBが受付終了になるという盛況ぶり。
本日確認したところ、リバーサイドジョギングのCとDも受付終了になっておりました。
フルマラソンも毎年1週間くらいで募集人数に達してしまうようで、今週末くらいが申込のピークになると思います。
マラソン人気、侮りがたしです。

弊社では第26回大会から協賛企業としてわずかながらお手伝いをしております。
もちろん大会自体の応援だけでなく、社内からの参加者の応援も怠りません。
社員と社員の家族の参加に際しては、社長の副社長のポケットマネー(総務の私が半ば強引に勧めました)から一定額を補助。
これによってリバーサイドジョギングの高校生以下は数百円の自己負担で参加できるため、社員の中には家族でリバーサイドジョギングに参加する人が年々増えています。

愚図る小さなお子さんを励ましながら一緒に4.2195kmを走って、最後は家族全員で感動のゴール!
などという場面を思い描きながら参加して、想定通りのゴールを決められた人は半分くらい。
小学生も中学年になってしまうと、普段走り慣れていないアラフォーの父親などは追いつけないほどあっという間に先に行ってしまうそうです。
子どもの成長スピードって恐ろしいくらい速いですね。
昨年息子2人と参加した社員は「今年はなんとか父親の威厳を保てたけど、来年は厳しいかもしれない」と戦々恐々。
子どもの成長について行けるよう自分も走り込むか、せっかく確保した父親の威厳を保持できるよう来年の参加を見送るかの二択に悩んでいるようです。

ぐんまマラソンではプロのカメラマンがランナーを撮影して、後日それをウェブサイトから購入できるような仕組みになっています。
プロカメラマンが撮影した写真はさすがに写りが良く、「苦しい表情しかしていなかったと思う」というランナーの写真も、まるでブロマイドのような出来になっています。
弊社では参加した社員にこの写真を1枚選んでもらって、新年会の際にプレゼントをしています。
参加の記念として、家族のメモリーとして大変喜ばれています。

そんな楽しみ方もできるぐんまマラソン。
弊社では協賛企業として社員の方以外の参加受付も承っております。
参加費の補助はございませんが、協賛枠として既に受付終了している種目へのエントリーも可能です。
お申込みは7月下旬までOK。
この機会にぜひ参加されてみてはいかがでしょうか。

ぐんまマラソン公式サイト
https://www.g-marathon.com/

2018.09.05
カテゴリ : お知らせ

こんにちは、総務の藤井です。

 

本日は弊社の研修旅行出発日。

研修先はシンガポールです。

 

今回の研修の目的は主に二つ。

まず一つ目はシンガポールの医療ツーリズム事情の視察です。

こちらは医療専担者のみですが、一足先に現地入してメディカルツーリズムの現状を現地のコンサルタントにレクチャーしていただきます。

シンガポールはアジアでもいち早く医療ツーリズムに取り組んだ国で、最先端医療の提供や外国人患者数ではタイに後れを取るものの、現在でもアジア有数の医療提供体制の整った国であることは間違いないです。

 

二つ目は観光立国としての成り立ちと資源の投下です。

長年の貿易の中継地点としての特徴を持つシンガポールは、天然資源に恵まれず、歴史や自然などの観光資源にもあまり恵まれていません。

そんなシンガポールが経済成長の鍵として行なってきた観光開発ですが、近年見事に実を結び多くの観光客を惹きつける魅力的な国となったのは皆さんもご承知の通りだと思います。

シンガポールの観光名所と呼ばれるものの大半は新に建造された人工的な建物や施設ですが、それを目当てに観光客が押し寄せるほどのクオリティは一見の価値があると思います。

近年注目の観光地ドバイも「中東のシンガポール」を目標に開発を進めているというのも頷けますね。

 

ただ、こうした観光開発には常に目新しいものを提供しないと飽きられてしまうという側面もあります。

このあたりをどう折り合いを付けて次につなげていくのか。

そういった視点を持って研修に参加してこようと思います。

 

お客さまには週明けまでご不便をお掛けいたしますが、これも私どもの見識を広げるためとご容赦いただけると幸いです。

2017.03.31
カテゴリ : お知らせ

藤井経営 常務取締役の藤井です。
このたび当社webサイトリニューアルに伴い、ブログを開設いたしました。
当ブログではお客様に各分野の有益な情報やセミナーのお知らせなど、鮮度の高い情報を
中心に、弊社社員が交替で随時発信してまいります。

当サイトは税務・労務の範囲に限らず、

・お客様・仲間・提携先と共に(with)、成長し続ける企業
・お客様の抱える様々な問題を藤井経営グループ一丸となって解決する姿勢

を前面に打ち出したものとなっております。
ぜひ定期的に訪問していただければ幸いです。今後ともよろしくお願いします。

1
株式会社藤井経営
Copyright(C) Fujii Keiei Inc. All Rights Reserved.