blog
FCMG
FCMG BLOG
1 | 2 | 3 ... 43
2019.09.10
カテゴリ : 日々つれづれ

こんにちは、総務の藤井です。

 

3年ぶりに首都圏を直撃した台風15号は、各地に大きな爪痕を残したようですね。

ここ群馬では大きな被害の報告はありませんでしたが、上陸した台風の中では「過去最強」と言われるほどの強い勢力を持っていたそうで、負傷者だけでなく残念ながらお亡くなりになった方も1名いらっしゃいました。

特に千葉県の被害が大きく、負傷者は36名。ゴルフ練習のネットを支える支柱が倒れて近隣の住宅を直撃したり、ダム湖の太陽光パネルが強風にあおられて損壊し火災が発生したりと想定を遥かに超えた被害を被った地域も少なくなかったと思います。

 

今回の台風直撃に関しては事前の情報提供がしっかりとされていたため、鉄道の計画運休や航空機の欠航、高速道路の通行止めなども早めに発表され、混乱を最小限にするための処置が執られたのが印象的でした。

それでも想定を超える被害に安全確認作業に時間が掛かってしまい、運転開始時間が予定より大幅に遅れてしまい駅に人があふれかえるような事態も発生してしまいました。

想定を超える暴風被害だったとしても、せっかくの計画運休が上手く生かせなかったのは残念でしたね。

 

ニュース映像では駅構内に入りきらない人達が、ロータリーまでつづら折りに並ぶ光景が映し出されていましたが、こうした混乱の中でも整然と列を作って待ち、不満を抱えながらも大きな混乱を起こさないのは日本人の美徳といえるかもしれません。

一方でこうした光景を異様に思う外国人の方も多かったようで、「台風なんだから仕方がないよ。仕事は休みにすればいいのに」といった声も聞かれたとか。

簡単に休みにできればそれに越したことはありませんが、休業によって他者に迷惑を掛けたくないという気持ちが働いてしまうのもまた日本人の特性かもしれません。

 

弊社でも自然災害等に関してはなるべくフレキシブルに対応し、社員が被害に遭うようなことがないよう心がけていますが、2014年の大雪被害の時以外に「臨時休業する」という選択はしたことがありません。

そろそろ日本でもこうした事態に際しては、「思い切って休みにする」という措置を考えてもいいのかもしれませんね。

2019.09.06
カテゴリ : 日々つれづれ

藤井経営の須田です。
次男の高校野球が終り、週末の過ごし方に新たな楽しみ、バイクでのツーリングが加わりました。
この間、友人に20数年振りにツーリングに連れて行って貰い、楽しい時間を過ごす事が出来ました。

久し振りに乗るバイクに緊張しながら、高速道路や山を走り抜ける爽快感を味わいました。昔と違い、すれ違うバイカー達との挨拶は手を振る事に変わっており、対応するのに気恥ずかしさを感じました。

今迄は、子供の頑張っている姿を見る事が明日への自分の活力でしたが、これからは自分の時間を楽しむ事が老後の楽しみに変わる事なのだなと実感した日でした。

今後も、今迄出来なかった事を少しずつ増やしながら、楽しい休日を過ごしたいと思います。それではよい週末をお過ごしください。

Let’s enjoy a day off

 

 

2019.08.23
カテゴリ : 日々つれづれ

藤井経営の須田です。
皆さん、夏休みはいかが過ごしましたか?
私は、家族で東京に行って来ました。酒を飲むのが第一目的でしたが、オリンピックを来年に控えて、どんな風に町が変わっているのかを体験してきました。
一番驚いた事は、お金の支払いがキャッシュカードでしか出来ない店舗がある事でした。受付でカードを先に提示して手続きをし、渡された携帯端末で注文をします。注文全てが納品された事を確認して、支払額確定を決定して帰りに受付に返却して退店しました。

『久々のカルチャーショック!オシャンティー♪』

また最近、パン屋でトレーに商品を乗せて支払する時に、画像診断で価格がレジに掲示さるのも驚きました。GUやユニクロでの無人レジも時代の進化を感じられます。

私達の会計業界でも色々進化しています。人力でのパソコン入力が、自動仕訳入力に変わってきています。人力の速さの追及ではなく、いかにITを駆使して労力を減らし効率化を図る事が大切になってきました。誰でも出来る単純な作業は減らし、人の言語力で業務する時代に変わってきています。

新しい事に触れ経験をして、時代を進まなければ行けないと感じた夏休みでした。
それでは良い週末をお過ごしください。

2019.08.09
カテゴリ : 日々つれづれ

こんにちは、総務の藤井です。

 

8月に入り暑い日が続いています。

弊社の玄関には頂き物の鉢植えなどを何種類か育てているのですが、朝顔とホオズキと盆栽の桜は毎日しっかりと水をやらないとすぐにしおれてしまうので、毎朝少しの間外に出してたっぷりと水やりをしています。

特にホオズキは一度しおれさせてしまうとなかなか戻らなくて、毎年途中で実だけ飾ったり、外構の花壇に植え替えてみたりと試行錯誤しています(でも状態が良くないからか花壇にはなかなか根付きません)。

先日はうっかり丸一日外に出しっ放しにしたところ、あまりの暑さに今度は桜の葉がカラカラにしおれていまい、どうしたものかと思案に暮れています。

 

暑さでやられてしまうのはなにも鉢植えだけではありません。

総務省消防庁の発表では、7月29日から8月4日の1週間に熱中症により救急搬送された人は1万8347人と前年の同時期よりも6000人近く多いそうです。

搬送患者の半数以上が高齢者で、初診時に熱中症を起因とする死亡者は今回週では57人、3週間以上の入院加療が必要な重症判定を受けた人は729人確認されているそうです。

昨日8日は伊勢崎市が日本一暑く、最高気温38.9℃を記録し、県内では午後3時までになんと18人の救急搬送があったそうです。

 

群馬県では今年に入って熱中症によって命を落とされた方は3名もいるとのことで、そろそろ日本でも、夏の暑さから「身を守る」ではなく「命を守る」という意識に切替えていかなくてはならないかもしれませんね。

2019.08.07
カテゴリ : 日々つれづれ

藤井経営の須田です。

昨日、広島の原爆投下から74年が経ちました。原子爆弾により、10数万人ともいわれる尊い命が失われました。

核兵器によってもたらされた、広島と長崎の悲劇を決して繰り返さない様に、世界唯一の戦争被爆国として、『核兵器のない世界』を日本は世界に発信し続けています。

 

昨今騒がれている、K国のグループBへの降格(ホワイト国除外)。逆恨みによる報復だとか、色々な事への対抗措置などと言われています。

いやいや!そもそも数年前から、輸出管理の義務を守っていないじゃないの?自国の権利ばかり主張して、真っ当な返答さえしてこない。

日本は世界平和の為に、輸出管理をしているだけなのだよ。もう2度と戦争に核兵器が使われたくないのだよ。未来の子供達の幸せの為なのだよ。自国の利益の為にやっている訳ではないのだよ。

 

『絶対にあの様な事を後世の人達に体験させてはいけいない。私達のこの苦痛は私達だけでよい』と被爆された方は言っています。

 

世界が平和でありますように願います。

 

 

1 | 2 | 3 ... 43
株式会社藤井経営
Copyright(C) Fujii Keiei Inc. All Rights Reserved.