blog
FCMG
FCMG BLOG
2022.08.16

こんにちは会計の岡本です。
コロナ禍での夏休みでしたが、皆さんリフレッシュ出来ましたか?
私は疲れが溜まっていた為、家でのんびりと過ごしました(汗)
さて、今回は趣味の話パート4をお話したいと思います。

今回は麻雀のお話です。
初めてやったのは中学生の頃だったと思いますが、ファミコンの麻雀を友達にやらされてなんとなくルールを覚えてから本物の牌を使った4人打ちをしました。
麻雀は3種類(萬子、筒子、索子)の1~9までの数字の牌と字牌(東、南、西、北、白、発、中)を使い、(3・4・5)等の並び1グループ(面子)や(東・東・東)等同じ牌を3枚使った1グループ、同じ牌を2枚使った雀頭(8・8等)を組み合わせ、4面子1雀頭の14枚で構成されたあがりの形を作るのを目指します。
トランプや花札のように特定の組み合わせを使った役も存在し、完成すれば加点されます。

何年か前に老化防止に良いとかで退職後に麻雀をする人が増えたり、最近ではプロのリーグ戦がテレビで放送されたりと人気が出て来ているようです。
麻雀の面白い所はどこか?と言われるとセオリーは存在するが正解はなく、同じ場面に遭遇する事はないので常に頭を使う必要があり、飽きない所です。
どんな状況でも諦めずに戦う事で精神力を鍛えるのにも役立つので、興味がある方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

2022.08.09
カテゴリ : DAILY TIPS

お疲れ様です。小野です。

EV化が進む自動車業界において、近い将来仕事が無くなるといわれる人の数は30万人とも50万人とも予想されているようです。
その中でも売上、従業員数ともに日本一の会社トヨタのサプライチェーンは41,427社にのぼると発表されています。

サプライチェーンの企業数、ピンとこないので比較をすると群馬県の企業数は約69,000件です。47都道府県のなかでは17位。
この47都道府県ランキングにトヨタサプライチェーンを1つの県として当てはめてみると30番目となります。企業数が20,000件に満たない県もあるのでとても多いことがわかります。
トヨタだけでこの数字ですから、他の自動車メーカーも含めると雇用喪失の予想をするのは至難の業ですね。

今やテスラ、NIO、BYDなど様々なEVが市場に投入されていますが、トヨタはどんな戦略でこの状況を乗り越えてくるのかとても楽しみです。

2022.08.08
カテゴリ : 日々つれづれ

年々夏の暑さが厳しくなり、夏が苦手になった労務の岩﨑です。

2023年度から主に公立中学校の休日の部活動の段階的な地域移行が開始となる予定になっています。
この前提には学校現場での指導者不足という問題や先生の長時間労働の問題があるとされています。
中学校の部活の顧問のうち「担当教科が保健体育でなく、担当している部活動の競技経験なしに該当する割合が約46%もあるとされています。実際、うちの息子の部活の顧問も野球経験はあまりないようで、スコアをつけることもままならないようなので、スタメンの選出等は生徒と相談して決めているようです。
このような現状を目の当たりにすると、地域移行し先生の負担を減らしてあげた方がよいのだろうと思いますが、単純に地域移行にできないのはやっぱり【お金】の問題もあるようです。
地域移行した際に、専任のコーチに支払うお金はどこから捻出するのか?国からの補助金を求める声もありますが、生徒達(保護者)が費用を払うべきだという声も当然あります。
地域移行の提言の中では、【生徒の多様なニーズにあった活動機会の充実】を掲げていますが、強くなって試合で好成績を狙う生徒もいれば、楽しむことを重視している生徒もいるためどこまでの費用負担を保護者に求めるのか難しい問題となってくると思います。

先生の負担が大きいということも理解できるので移行に賛成できる部分もありますが、保護者の立場としてはあまり高額でない費用負担となることを願わずにはいられません…。

2022.08.05

おはようございます。鳥羽です。

いよいよ明日から高校野球の夏の選手権大会が始まります。

普段はそんなに野球を見ることはありませんが、高校野球はなぜか好きでテレビで見たりラジオで聞いたりします。

高校スポーツの聖地と言えば他にも、サッカーの国立・ラグビーの花園もありますが高校野球の甲子園の注目度は1番でしょう。

特に夏の選手権大会は47都道府県(49校)のすべての代表校が出場しますので、日本中どの地域に行っても共通の話題として盛り上がることができます。

高校野球を見ていると、その純粋さ・一生懸命さに感動させられます。

それといつも思うことは、選手は毎年変わっているのに常時甲子園に出場する高校、そして勝ち上がっていく高校が数多く見られます。初出場・初優勝などの旋風も感動しますが、優勝候補に挙げられながら勝ち進んで、そのプレッシャーの中で優勝する常連校も本当に凄いと思います。

伝統の力、指導者の力、選手層の厚さも大きいと思いますがそこにはしっかりとした組織力がベースにあることが感じられます。

今年もどんなドラマが見られるか?
今から楽しみにしながら応援したいです。

2022.08.04
カテゴリ : 日々つれづれ

皆さんこんにちは。会計の塚越です。

 

学生の皆さんは夏休みを満喫しているでしょうか。

学生のうちにしかできない経験、成功、失敗等を学ぶ機会になれば

有意義な時間を過ごせたと振り返れると思います。

 

話がそれてしまいましたが、

今回はeスポーツについて触れたいと思います。

eスポーツと聞いて何か思い浮かぶものがあるでしょうか。

一般社団法人日本eスポーツ連合様のHPよりお言葉を借りると

『eスポーツとはエレトロニック・スポーツの略称で、

広義には電子機器を用いて行う娯楽・競技・スポーツ全般を指す言葉であり

コンピュータゲーム等を使った大戦をスポーツ競技としてとらえる際の名称』

 

ゲームがスポーツになり、プロプレイヤーたちが観客を熱狂させる時代になりました。

市場規模もここ数年で非常に大きくなり、海外でも多額の賞金が用意された

舞台も増えています。私も直近であるゲームの世界大会を観戦し、

非常に楽しい時間を過ごすことができました。

 

物事を極めるということはどの分野でも素晴らしいことです。

仕事でも趣味でも自分自身が誇れる何かを持っていれば、

豊かな人生といえるのではないでしょうか。

 

お盆の休みも近づいています。

個人としては積んでしまっているゲームをやりたいです。

今年はゲームで時間を過ごしてみてはいかがでしょう。

株式会社藤井経営
Copyright(C) Fujii Keiei Inc. All Rights Reserved.