blog
FCMG
FCMG BLOG
2020.10.16

こんにちは、松村です。

最近、日の暮れるのが早くなりましたね。夕方5時頃には既に暗くなっています。なんか、寂しく感じるのは私だけでしょうか。新型コロナウイルスも収まる気配がありません。

長く続いた雨もようやく、一段落したようで過ごしやすい時期になってきました。行楽のシーズンが始まりましたが、コロナのこともあり、思い切り楽しむことができそうにないですね。GoToトラベルも予算の関係で割引率を少なく変更しているところもあるようです。せっかくの行楽シーズンなのに残念です。

今回、行楽ではなく、子供の受験で都内で宿泊することになりました、先日、Webでホテルを予約しましたが、GoToトラベルの対象で半額程で予約が取れました。すごく、得した気分です。

昨年、就職した娘も今回、2週間の出張があり、GoToトラベルの対象で、旅費と宿泊費がほぼ半額ですみ出張手当がずいぶん浮いたと喜んでいました。

旅行だけではなく色々なところで利用が出来そうです。皆さんも利用できることは利用してお得感を感じてみてはどうでしょう。

コロナの中、感染の不安もありますが、政府の景気対策をうまく利用して、家計の負担を軽減しつつ楽しみコロナを乗り切りたいです。

次は、GoToイートを試してみようと思います。

2020.10.15

おはようございます。上毛労務の今泉です。

今日10月15日は「きのこの日」です。
きのこの消費拡大と生産振興や、正しい知識の普及などの推進をするために制定されました。この日を中心にイベントも多く、10月はスーパーでもきのこコーナーが拡充されることも。また、15日は月の中日で慌ただしくなく、消費者にきのこの良さをアピールするのに適していることもあるようです。
私の地元である桐生の卸売市場では、“大黒”の名でファンの多いホンシメジや、“イッポン”の名で親しまれるウラベニホテイシメジなど、多くの天然きのこが顔をそろえています。
ただ、2011年の福島原発事故以来、地域によってはきのこの出荷制限をされているところもあり、県内では沼田、みなかみなどの7市町村はまだその影響を受けている状況です。そのため、制限のかかっていない地域まで行って収穫し、出荷の際は安全性の確認に必要なデータも一緒に提出しています。そこまでされていることに驚きました。
秋の味覚や限定商品なども多いので、つい食欲の秋になりつつある今日この頃。
毎年おいしい季節のものを食べられることに感謝しながら、深まる秋を楽しみたいと思います!

2020.10.13

おはようございます、海老澤です。

よくスポーツ番組等で「ゾーン」という言葉が取り上げられます。

極限の集中力というものです。ゾーンを取り上げたのは、スポーツ選手でなくとも私たちも仕事中にゾーンを体験

でき得るからです。

思い返してみれば「あれはゾーンだったかも」なんてことはありませんか?

仕事に夢中になっていて、周りの呼びかけが聞こえなかったなんてこと。つまり、ゾーンは仕事中にも起こりま

す。スポーツ選手の例を挙げると、「ボールが止まって見えた」「スローモーションに見えた」など。まさに神の

領域と言っても過言ではない?

こんな素晴らしい状態を、仕事でも発揮できたらどれだけ成果があがることか。絶対にミスしないとか、顧客に何

を言えば良いのかとか。仕事が楽しくなりそうですよね。

私達も毎日積み重ねているものがありますよね。最大の効果をだす集中力とは、積み重ねてきたものを無意識下で

発揮することなのです。

もし、仕事の壁にあたったとしても、積み重ねてきたものがあれば乗り越えられるはず。しかも、ゾーンで!

集中力で最大の効果を発揮しましょう。

2020.10.12
カテゴリ : 日々つれづれ

こんにちは、総務の藤井です。

 

昨年の6月のブログでご紹介したブーゲンビリアが、冬越しに失敗したのか今年は全く花が咲かず、葉もろくにつけない状態でした。

育て方を改めて調べたところ、根の生育が活発なので1~2年に1回の植え替えが推奨されていたのですが、全くしていませんでした。

贈答用の小さな植木鉢の中で、根がパンパンになってしまっていたようです。

 

そこでお盆前に思い切って日当たりのよい植え込みの一角に直に植え替えてみたところ、無事に復活!

思った以上にすくすくと成長して、写真のように青々とした葉を茂らせるようになりました。

ブーゲンビリアは熱帯の花木ですが、比較的寒さにも強く霜が降りないような地域なら戸外で冬越しができるそうです。

ここ伊勢崎だとちょっと微妙な気温ですが、何とか頑張って生き延びてくれることを期待しています。

果たして来年は花が見られるのでしょうか?

2020.10.09

おはようございます。小暮です。

総務省は10月7日、国勢調査の回答の締め切りを20日まで約2週間延長する方針を決めました。
国勢調査、皆さんはやりましたか?
私は9月19日(土)にタブレットで回答しました。選択形式が多く、タブレットでも目安時間内に終了しました。

10月7日時点の回答率はインターネットからの回答は37.6%、郵送による回答は26%。
この数字は国勢調査2020のホームページ、インターネット回答タブの中で見ることができます。また、都道府県別や市区町村別回答状況もPDFやExcelでみることが可能です。
ちなみに群馬県はインターネットからの回答は39.2%、郵送による回答は29%となっています。
気になったのはインターネットからの回答率。初めて導入された2015年の国勢調査ではインターネットからの回答は36.9%、郵送による回答は36.5%、調査員等による回答は26.6%でした。このまま今年のインターネットからの回答を締め切ると後の回答は郵送か調査員等になりますので前回のインターネット回答比率とあまり変わりません。今までは期限を過ぎても回答しなかった場合は催促状が届くほか、調査員による聞き取りも行われました。今回はコロナ禍の影響を考え調査員による調査票の回収は原則行わないなど「非接触」を基本にしていますのでこのままですと未回収率が前回の13.1%を上回るかもしれません。5年に1度の大切な調査です。まだの方は回答しましょう。

株式会社藤井経営
Copyright(C) Fujii Keiei Inc. All Rights Reserved.