blog
FCMG
FCMG BLOG
2020.02.12
カテゴリ : 日々つれづれ

こんにちは、総務の藤井です。

 

このところ毎日新型コロナウイルスのニュースが紙面やネットを賑わしていますね。

テレビではマスク不足の話題から始まって、停泊中のクルーズ船から何名の感染者が出たか、新型コロナウイルスの感染経路など実に様々な情報が日々更新されています。

特にマスク不足は深刻で、一般向けの市販品はもとより現在医療機関向けの専門業者にも全く在庫がない状態のようです。

これは本当に非常事態です。

 

日本に流通するマスクの約2割が国内生産で残りの8割を中国製だそうです。

8割を占める中国産のマスクは、当面中国国内の需要に充てられ輸出はされないでしょうから、国内での使用分は国内生産分で賄うしかありません。

国内の生産工場では急ピッチで生産を続けているそうですが、原料に使うパルプなどの一部が中国からの輸入に頼っているということなので、元のように売り場にも医療機関にも潤沢に在庫があるような状況になるには今後しばらく掛かると思われます。

 

こうした状況に乗じて、市販のマスクがフリマアプリで通常では考えられないような高値で転売されていたり、病院からマスクや消毒液が盗まれたり、来院者向けに備え置きしているマスクが大量に持ち去られたりと品不足による混乱は収まる気配を見せません。

確かにマスクは必要ですが、日本国内で発生した感染者数は2月10日の時点で26名(クルーズ船内の感染者を除く)。そのうち湖北省滞在歴がある人が22名とのことですから、日常の通勤や買い物にもマスク必須というほどの流行はみせていません。

また、国内では新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなった方もなく、罹患した全ての人が重症化しているわけでもないのにあまりにパニックになりすぎてはいないでしょうか。

 

マスク騒動ともいえる狂乱ぶりに、日本人はオイルショックの頃から全く変わっていないのかと少し残念に思います。

この先、新型コロナウイルスがなすすべなく感染拡大するのか、それとも効果の高い治療法やワクチンが開発されるのか、また人々の分別ある行動と叡智で封じ込めに成功するのかは分かりません。

私たちに今できることは、

パニックに陥らない。

物の買い占めに走らない。

必要なところに必要な物が行き渡るよう配慮する。

そんなことではないでしょうか。

2020.02.10

藤井経営の本多です。

私の担当している関与先で嬬恋村のキャベツ農家さんがいます。

先日仕事で伺ったのですが、やはり暖冬と言われているので雪が全然ありませんでした。

例年ですと嬬恋村を車で走っていると冬場はキャベツ畑が真っ白になっていてとても幻想的な景色なのですが、今年は畑が真っ黒!土が出ていてとても冬の景色と感じられませんでした。

スキー場も営業はしているのですが、一部は滑走出来ない所があるらしく、私自身も毎年スキーに行っていますが、今年は何となくそんなに寒くないのでまだ行っていません。

 

もう2月ですのでこのまま暖かいまま冬が終わってしまいそうですね。

 

2020.02.07
カテゴリ : 日々つれづれ

藤井経営の須田です。
組織作りにおいて、感動をした事を書きたいと思います。
今から16年前に、落合博満さんは中日ドラゴンズの監督に就任しました。監督になった時に『この1年は補強を凍結し、個々の選手の能力を10%底上げて日本一を獲る』と宣言しました。
普通はどこの監督でも、自分のチームを強くする為にFAやトレードで戦力を補強するものです。しかし、落合監督は今いるチームの人達の能力も見ていないのに、他チームから戦力を補強したらチームの士気が下がると考え、選手達の能力を上げる事を優先しました。選手達も意気に感じて、レギュラーが獲れるチャンスだと必死に練習に取り組み、見事リーグ優勝を果たしました。それから8年間で4度の優勝、全ての年でAクラス入りを果たすチームに選手達が育ちました。
組織において、力のある者を補強する事が組織作りと考えていた常識を覆し、人材を人財に変える組織作りを落合監督は成し遂げました。数いる評論家をねじ伏せた手腕に惚れ惚れをした思い出があります。
落合博満さんの書籍には、組織作りのヒントが沢山あります。機会がありましたら是非読んでみて下さい。

2020.02.06

こんにちは、沢田です。

今年4月にJR高崎駅東口近くにコンベンション施設「Gメッセ」が開業となる予定だ。
総事業費はおよそ280億円とのことだが、国際学会や大規模展示会、1万人規模のコンサートなどを誘致し、群馬に人を呼び込み、地域経済の活性化を狙っている。既に2020年だけでも、イベントや学会、展示会など114件の予約が入っており、5月には人気アイドルグループの「日向坂46」のライブ、7月には「C4 LAN」という千人規模のゲームイベントも開催予定とのこと。東京から新幹線で約1時間と立地も良いのだが、既存施設の「東京ビッグサイト」「幕張メッセ」「パシフィコ横浜」をはじめ、宇都宮、姫路、福岡、長崎なども今後数年のうちに開業予定となっており、全国で競合が予想される。そのため、施設を作って待っているだけでは、280億円が無駄になってしまう恐れがある。県が一体となって「オール群馬」でイベントを誘致し、たくさんの人に群馬を知ってもらい、活性化に繋げてもらいたい。

2020.02.05

藤井経営の牛房です
1人あたり医療費とは患者の窓口負担と健康保険からの給付費の合計で、受診者や受診回数の増加、入院の長期化のほか、高額な薬や治療で高くなり、年齢で大きく異なります。
厚生労働省によると、17年度では後期高齢者の75歳以上が92万2千円で最も高く、最も低い15~44歳の12万3千円に比べ7.5倍。同省の同年度推計では75歳以上では75歳未満に比べ入院費用が6.6倍で、入院費用が医療費を押し上げています。
生涯で使う医療費は1人あたり2700万円で5歳刻みでは0~4歳で124万円だが、10代後半までは減少。20代から増え続け、65歳以上で200万円を突破、75~79歳、80~84歳でそれぞれ300万円を超え、75歳以上で生涯医療費の4割となる1千万円を費やしているようです。
医療業界では団塊の世代が75歳以上となる2025年問題というものがありますが、後期高齢者が急増することが分かっています。今後、ますます医療費が増加することが予想されますが、生活に影響が無いようにしてもらいたいものです。

株式会社藤井経営
Copyright(C) Fujii Keiei Inc. All Rights Reserved.