blog
FCMG
FCMG BLOG
2020.10.23

おはようございます、海老澤です。

皆さんは、朝起きる時間は決まっていますか?

日本人の平均起床時刻は6時37分と発表されています。

最も早起きなのは青森県で6時19分。日本全体でも、日が昇る時間帯が早い東日本が早起きの傾向にあります。諺で

も「早起きは三文の得」といわれます。

早起きして仕事に取り組むと、知的生産性が上がるといわれていて、朝の30分は夜の残業3時間に相当するといえ

るのです。

今日意図的に早起きをしてみましたが、朝の作業が1日の仕事においていかに重要か検証できたらと思います。

2020.10.22
カテゴリ : 日々つれづれ

こんにちは、総務の藤井です。

 

今年の秋は急にやってきてそのままのスピードで駆け抜けていきそうですね。

夏ごろの長期予報では、9月までは厳しい暑さが続き、10月も例年以上の高温の傾向だという事でした。

ところがふたを開けてみれば10月に入った途端に一気に涼しくなり、涼秋というよりは初冬のような日が続いています。

先日は地元の浅間山や日光の男体山をはじめとする本州の山々で年よりも10日以上早い初冠雪が観測されました。

今年は雪山と紅葉のコラボレーションが楽しめるところが多そうですね。

 

さて、前回のブログでは露地に植え替えたブーゲンビリアが元気に育っていることをお伝えしましたが、今回は風除室のハイビスカス!

なんとこの寒さにも負けず元気に2輪も花を付けました。

9月まではひっきりなしに花を咲かせ、来訪者の目を楽しませてくれていたこのハイビスカスですが、10月の急激な気温ダウンにびっくりしたかのようにしばらく花芽を出すことをやめていました。

このまま休眠に入ってしまうのかなと心配しながらも、日差しのある時は極力外に出して日光を浴びさせていたところ、先週くらいから花芽が膨らみだし、週末に1輪、今週に入って2輪とまた咲きはじめました。

ハイビスカスの花は南国をイメージさせるためか、急な寒さに縮こまっていた身体に活を入れられたような気がします。

 

ハイビスカスがまだまだ秋の訪れに抵抗している陰で、シャコバサボテンはしっかり冬の準備をしていました。

初夏から外に出しておいたシャコバサボテンですが、11月に入ったら室内に戻そうと思っていたところ、すでに花芽を付けていました。

慌てて鉢を洗って室内へ。

急な季節の変化に人も花も大混乱ですね。

 

急な気温変化は、花はもちろん人の体調にも変化を及ぼします。

皆さんも体調にはしっかりと気を配り、新型コロナやインフルエンザを寄せ付けないよう健康管理をしていきましょう!

2020.10.21

おはようございます。小暮です。

子供が釣りをしたいというので、赤城山の釣り堀へ出かけました。10時半ごろに現地に到着したのですが、駐車場は満車になるほどの混雑です。
受付では列ができており、10分程度並んだ後、受付ではマスクの着用の確認、手の消毒、検温を済ませ、すべてが問題なければ入場が可能。釣った魚はリリース禁止ですべてを持ち帰るシステム。調理も可能で、塩焼き45分。揚げ20分。食事スペースがあるが飲食禁止と掲示されていました。コロナ対策ばっちりです。
中に入るとある程度距離が保てるぐらいの混雑。6つの小さな池があり、多くのマスが目視できてすぐに釣れる池。目視では確認しづらく、じっくり楽しめる池などがあり、それぞれ目的によって楽しめるよう工夫がされていると感じました。
子供は順調にマスを釣り上げ楽しそう。自分も釣りたかったのですが、そこは大人なので我慢。釣り上げた魚から針を抜くことが私の役割です。
せっかくなのでおいしく調理してもらいたい。受付の掲示で確認した調理時間を考え、最初の8匹を釣った時点で塩焼き4匹、揚げ4匹を依頼。その後、時間内に釣った残りの6匹はそのまま持ち帰りとなりました。行楽の秋、今度はどこに出かけましょうか。

2020.10.20

藤井経営の須田です。

先日の日曜日に、東京ビックサイトで行われたCOMIC1★17に、CSTax(クリエイター専門税理士部門)として企業ブースに参加してきました。クリエイターの皆様の確定申告や持続化給付金の相談窓口になれる様に、営業活動を行ってきました。

DLSite様と協力してチラシ入りフェイスガードを配り、チラシにはくじ引きをつけました。1等賞には10割引、2等賞には5割引などの確定申告料の割引特典、3等賞以下には確定申告料2万円引きと参加者に重宝されるガムテープやごみ袋などの景品を用意させて頂きました。残念ながら1等賞は出ませんでしたが、2等賞は数名出ました。来年の確定申告依頼が多数ある事を望みたいと思います。

くじ引きを行っている中で、「言葉の解釈をそう捉える⁉」という事がありました。くじ引き券1枚に付き1回引けるのですが、1回引ける解釈が1枚でなく、1回引けるのだからと鷲掴みをされた時に、言葉の難しさを痛感しました。

そういえば昔息子の友達に、お菓子1つ好きなのを買ってあげるよと言った時に、大袋のお菓子を持ってきた事を感心した事を思い出しました。

ニホンゴムズカシイデスネ!

2020.10.19

藤井経営の牛房です

高齢ドライバーの問題が昨今いろいろと話題となっており世間をにぎわせています。

群馬や東京ではまさに今、裁判中の事例もあり新聞やメディアで取り上げられています。東京で起きた事故では自分の過失を認めようとはせずにあくまでも車両の不具合による事故だとの主張をしているようです。群馬県での事例では1審では無罪判決を下されたにも関わらず被告みずから有罪判決を主張し再度有罪判決を求めて裁判を行っています。自らが起こした事故の重大さを重く受け止めた結果だとは思いますが、その事故を起こしてしまった要因はどちらも加齢などによる認知症が原因とも言われています。

免許返納などを本人の自覚に任せるなどと、期待をするケースも見受けられますが、本人の自覚を待っている間に重大な事故を起こしかねないと言った事例だと思います。

つい最近、身近なところで起きた出来事でつくづくと思い知ったことです。

株式会社藤井経営
Copyright(C) Fujii Keiei Inc. All Rights Reserved.