blog
FCMG
FCMG BLOG
2020.08.07

海老澤です。

突然ですが、戦前に比べて日本人の食事における咀嚼の回数は半分以下になっていて、それが現代人の顎が弱くなった理由の一つ

だといわれています。食事の時に一口一口の噛む回数を増やすことは良いことですが、長年染み付いた習慣を変えることは難しい

と思います。そこで、「ガム」を食べるのはいかがですか?ガム一枚で約550回の咀嚼と言われていて、一日3回ガムタイムを設け

ることで、不足している咀嚼回数を補えるそうです。ガムの咀嚼には唾液分泌促進や脳の血流増加により健康に繋がる効果や、

ストレスホルモンの分泌を抑えたり、目の疲れを和らげる効果もあるそうです。出勤途中や昼休み、帰宅中あるいはテレワーク

の時など、仕事中であっても相手に迷惑にならない時間を見つけてガムを噛めば、仕事にも良い影響が出ることが期待できます

。改めて試されてはいかがでしょうか?

2020.08.06

こんにちは、総務の藤井です。
もうすぐお盆ですね。
ここ伊勢崎のお盆は、「旧盆」や「月遅れのお盆」といわれる8月13日から16日までの期間で、弊社もこの時期は夏季休業をさせていただきます。
今年はオリンピックの関係で山の日が動いたために、思い切って10日からお休みといたしました。
お客様にはご迷惑をお掛けいたしますがご了承くださいませ。

さて本日は昔語りを少々。

その昔、私の田舎のお盆には『百八灯明』という風習がありました。
これは新盆を迎える年だけの習慣で、108本の篠竹に「お灯明」と呼ばれる小さなロウソクを刺したものを用意し、お墓にお迎えに行く際の道端に一定の間隔で刺していきます。
通常のお盆ではお墓で線香を上げる際に点けた火を盆提灯で自宅まで持ち帰り、『ひで』と呼ばれる乾燥させた松の根に移し替えて迎え火にするのですが、新盆の際はその火種を行きに刺したロウソクに順に灯して帰ります。

新盆のお迎えの時だけおこなうこの風習について、我が家が新盆を迎える際に父がこう教えてくれました。
「今年は新しいお盆様(お盆に帰ってくる精霊のこと)が帰ってくるから、道に迷わないようにしてあげるんだよ」

その年に初めて帰ってくるお盆様は、前の年に独り身のまま亡くなった父の姉でした。
私が小学2年生の頃。生まれて初めて自宅で見送った人でした。
里山の中腹にあるお墓から自宅までの数百メートルの道筋を、ゆっくり歩きながら父がひとつまたひとつと提灯からロウソクに火を移していく。
剥き出しのロウソクは、少し風が吹けばすぐに消えてしまう。
「火が消えちゃったら、おばちゃんが帰れなくなっちゃう」と心配した私に、父は「消えたっていいんだよ。一緒に帰るんだから」と頭をなでてくれました。

この風習を教えてもらってから、お盆の時期にこの百八灯明を見かけると子ども心にも「ああ。どこかで新盆があったんだな」と人の死というものに思いをはせるきっかけになりました。
多世代同居があたりまえの時代故かもしれませんが、私が幼少の頃の田舎では、こんな風に人の死というものに触れる機会が多かったように思います。

平成に入ってからは、108本もの篠竹を用意するのも大変だし、ロウソクに火を点けっぱなしで放置するのが危ないと認識されたのか、この風習を見かけることはなくなりました。
残念ではあるけれど仕方がないことだと思います。
でも時々夏の夕暮れの、あの道端に頼りなく揺れる小さなロウソクの炎を思いだし、なんともいえない郷愁を憶えることがあります。

2020.08.05

おはようございます。IT事業部の小暮です。

我が家にGoogleHomeというスマートスピーカーが来てから約2年がたちました。
現在は毎日利用するのは天気ぐらいで、たまに利用するのはリマインダー・タイマー・質問ぐらいです。最初のころは音楽を中心に活躍していましたが、毎月の980円を払うほど音楽を聴いていませんでしたので、利用しなくなっていました。
にもかかわらず、先週末にアマゾンアプリで目にしたのはAmazonのスマートスピーカーEchoDot(AmazonMusicUnlimitedの利用1カ月分付き)が1280円
AmazonMusicUnlimitedには元から1カ月の無料期間があるにしても本体価格が1280円。
私が知る限り最安値である。なので、私かとった行動はポッチっと購入です。
前からEchoDotとGoogleHomeを比較してみたかったので当然の行動です。
2年前の購入時に比較した時は音声認識力が優れていたGoogleHomeを選択しました。
今はどうなのか、しばらく比較が楽しめそうです。おそらく子供たちも「OK!グーグル」「アレクサ」と呼んでいろいろ遊ぶことでしょう。
また、私はAmazonPrime会員のためEchoDotでPrimeMusicが利用できる。200万曲がどのくらいの利用できるのかわかりませんが、一番上の子は6年生で音楽も自分のスマホで聞くようになってきたのでPrimeMusicで物足りないようでしたらMusicUnlimitedまたはYoutubeMusicPremiumのどちらかの定期購入も検討しようと思います。
「アレクサ」これからよろしく!

2020.08.04
カテゴリ : 日々つれづれ

藤井経営の須田です。
今現在私の子供は大学3年生と1年生です。
子育てが終わった訳ではないですが、ある程度の区切りがついたので、子育てをする時に自分が大切にしていた金言をここに記したいと思います。
“親は子供に望むものを多くもってはいけません。親は子供の為と言いながら、自分の考えを押し付けてはいけません。親は自分の立つ位置を決めて子供を見ると、子供の良さを見失います。親は自分の子供を他の子供と比較してはいけません。我が子は神様から預かりし、あなた自身の宝物です”
子供が高校生の時に色んな人から、“何故子供をプロ格闘家の世界に進めなかったの?格闘技の世界であれば、有名になれたのに!”とよく言われました。いやいや、子を思えばずっと続けさせたら後に大病を患うからと言うと、“勿体ない!折角のチャンスを!”とよく言われました。
子供が続けたかったら勿論応援はしましたが、子供の将来は子供が決める事!子供自身がやりたい事をやるべきだと思います。
テレビを観て思い出したので、自分の子育て論を語りたくなりました。これから子供を育てる方は、楽しみながら子供の成長を見守ってください。

2020.08.03

藤井経営の牛房です
長い梅雨の季節もようやく梅雨明け宣言を受け、いよいよ本格的な夏の季節へと移ってきました。
本来であれば、ちょうど東京オリンピックの開催期間中であり、世界最高峰のアスリート達の素晴らしいパフォーマンスに
日本中が熱狂しているはずでした。また、海や山へと行楽や帰省を考えて計画をたてる時期になるとも思います。
しかし、今年は感染拡大が一旦落ち着いていたコロナ禍がまた日本各地で猛威を振るい始めており、
この夏休みも花火大会やお祭りが軒並み中止になり、ステイホームを強いられることになりそうです。
国と地方の対応もアクセルとブレーキを同時に踏むような対応を採っており、経済活動と感染防止の難しさが
如実に表されていると思います。
そのような状況のなかで今後の新しい生活様式をどのように過ごすかを試されるような夏になるのかもしれません。

株式会社藤井経営
Copyright(C) Fujii Keiei Inc. All Rights Reserved.