blog
FCMG
FCMG BLOG
2017.12.21
カテゴリ : 医業

藤井経営の藤井武です。

人間は脳はのごく1部しか活用できていない、という話はよく聞く。
また、理系と文系という分類でも使っている脳の領域が大分違うようだ。
理系型の人は研究中心で、人とのコミュニケーションをあまりせず、使用している脳領域は右脳に偏りがちになる。しかし、社会に出ることでコミュニケーションをとるようになり、自然と左脳が鍛えられる様である。一方で、文系型の人は
もともと右脳を鍛える機会が少なく、社会人になってからは意識的に理系脳(右脳)を使うようにし、自分が得意とする脳領域以外を働かせる訓練をしたほうがよい、とのことだ。
あるコラムを読んでいて笑ってしまったのだが、「いい奥さん」はだらしない男性を作る、とあった。
そのこころは、身の回りのことをなんでもやってもらえるので、毎日仕事しかせず、脳の一部しか使っていないから、だそうだ。一番危険な状態、とも言われている。料理や掃除をしたり、子供の様子を見たりと脳の使い方が多岐にわたるため、「いい奥さん」は高齢者になっても脳の機能が衰えない人が多い、と文書は続いていた。
だらしない男性、私のことか?確かに、料理や掃除、子供の世話など一切合切を妻に任せきりにしてきた。仕事だけは、頑張ってきたつもりだが・・・。
結果として、だらしない男性になっており、脳機能の低下を招きかねない状態だった。

今後は、妻にはもちらん感謝を忘れずに、自分のことはなるべく自分でやるようにしようと思う。

2017.12.20
カテゴリ : 人事・労務

上毛労務 薗田直子です。

事務所の執務室の窓際にいくつか鉢植えが置いてある。
その中の一つの鉢、去年よりぐっと花付きがよくピンクの花をいくつも咲かせた。

シャコバサボテン、サボテンの花。
総務の女性が、去年よりも花開いた理由を教えてくれた。

この花、別名クリスマスカタリスという。クリスマスという名の通り、冬の花でもある。
短日植物といって、日が当たる時間を短くすることで花開くという。1日の日照時間が12時間以内になると、花が咲き始めるそうだ。

実は弊社、今年の4月から働き方改革の一環で、22時だった建物の閉館時間を20時に前倒しした。今まで、21時過ぎもポツリポツリと在館し煌々とついていた室内の電気が、今では19時過ぎにはほぼ全員退館し室内も真っ暗な状態になる。
つまり、去年の今頃は、人工の明かりで12時間以下の日照時間になりにくかったのが、今年は存分に暗い状態を保てている。

閉館時間が短くなり、翌日まで疲れを持ち越すような残業をしなくなった。
身体の変化は自分自身で明確に感じてる、という訳でもない。

そんな変化を如実に察知し、花開かせたサボテンの花。
気忙しい年末に、ほっと心が温まった時短の効用だ。

2017.12.19
カテゴリ : 日々つれづれ

もう12月も半ばを過ぎ、センター試験まで1か月もない。というのに、我が家の受験生は・・・。という私も一年浪人もしたが、希望の大学に入れず専門学校に行った。
先月、その専門学校当時のクラス会が行われた。入学時から半年あまりしか一緒のクラスではなかったが、84人中26人と担任の先生が参加。30年以上の時が過ぎていたが、皆当時を思い出し盛り上がっていた。
そんな中、1人車椅子の人がいた。周りの人に聞いてみると、太っていて栃木訛りのおもしろいキャラの奴だった。本人に話を聞いてみると、30歳頃から脳梗塞、心筋梗塞、肺がんと病魔に襲われ、数年前から透析をしているということだった。最初は出席するつもりではなかったが、幹事の強い誘いにその気になったようだ。帰る時には、来てよかったといっていた。
今だから、このクラス会の話が出てからの連絡は、グループLINEを作って連絡をとり、当日の写真もアルバムやスライドショーにして、みんなすぐに共有することができ、クラス会後もしばらくは皆楽しんでいた。
2週間後くらいに、先ほどの彼が入院したというLINEが入った。みんなから、励ましの言葉が入り、彼がクラス会の時に会いたかったといった女性の写真まで、彼はもちろんみなそれぞれ感想を言い合っていた。
昨日、その彼が亡くなったという連絡がLINEに入った。クラス会からちょうど1か月。
冥福を祈ります。 吉田 典佳

2017.12.18
カテゴリ : 日々つれづれ

おはようございます。
上毛労務 岩野です。

日々、寒さが身にしみるようになってきましたが、皆さんいかがお過ごしで
しょうか。今週のおもちゃ屋さんはクリスマスを前にサンタさん達で大賑わい
でした。(笑)

12月13日、厚生労働省は最新の都道府県別の平均寿命を公表しました。
日本人の平均寿命が男性80.75歳、女性86.99歳と過去最高を更新
しました。
男性の1位は滋賀県、次いで長野、京都が続く。
女性の1位は長野、次いで岡山、島根と続く結果となりました。
世界でもトップクラスとなった日本人の平均寿命は、ポジティブなニュース
としてメディアに取り上げられることが多いが、めでたいことだけでもないよう
です。

その理由としては「年金受給の不安」「健康の不安」「家族に迷惑をかけたくない」
など、80歳・90歳・100歳までのライフプランを具体的に描けないことなど
が理由として挙げられることが多いようです。特に男性よりも長生きする女性に
とっては、現役リタイア後の数十年の人生を考えることは重要な課題となります。
中高年層の関心事といえば、「長生き」や「健康寿命」と思いがちだが、一方で、
長生きを支える「生活や身体の基盤そのもの」を不安に感じている人たちは増えて
いるようです。

人生100年時代構想。人々がどのように活力をもって時代を生き抜いていくのか。
平均寿命が延びるという喜ばしい結果の一方で、高齢期のQOLの向上や具体的な
ライフプランの構築などの準備が必要だと感じさせられますね。

2017.12.15
カテゴリ : 日々つれづれ

藤井経営の深澤です。

上の写真の物体を皆さん知ってますか?

出社の時にふと玄関を見たら、意外性がありすぎてカタまってしまいました。

「グラスジェムコーン」というトウモロコシみたいです。2010年位から観賞用に出回っているようなのでご存知の方も多いのかな?

太陽の光を浴びている現物は写真よりもキレイに感じて、なによりも意外性が!

トウモロコシというと食用しか思う浮かばないのですが、実際は飼料用が7割近くあり、少し前の原油高の時には燃料用への出荷が急激に進み価格高騰がニュースになっていましたよね。

普段、数字や文章ばかりを見ることが多いのですが、平成30年(最後に使ってみたかっただけです)も、こんな風に、ちょっとした感動を見つけたら、BLOGにアップさせて下さい。

では良い週末を

 

 

株式会社藤井経営
Copyright(C) Fujii Keiei Inc. All Rights Reserved.