blog
FCMG
FCMG BLOG
1 | 2 | 3 ... 11
2018.01.11
カテゴリ : 医業

藤井経営の藤井武です。

新年あけましておめでとうございます。平成30年の幕開けです。今年も1年よろしくお願いいたします。

昨年よく聞いたワードで「インスタ映え」がある。ご存知のとおり、昨年の流行語である。
この言葉、というよりも内容について、かなり突っ込んだ批評を展開していたある精神科医のコラムに目が止まった。

先生曰く、今の日本社会は自己愛が膨らんだ「自己愛過剰社会」で「インスタ映え」は「自己愛過剰社会」の象徴である、とのこと。
要するに、簡単に注目を集めることができ、自分が主人公(ヒーロー・ヒロイン)になれるので、承認要求(いいね!)と自己顕示欲を満たせるので、行き過ぎたアピールとなり、自分の事象を厚かましく何でもかんでも他人に押し付ける人が増えている、と自分なりに理解した。
「現在、アメリカではナルシシズムがエピデミックにまでなっている」という指摘もある様で、その典型がトランプ大統領のツイッターでの過激なつぶやきであるという。アメリカの27名の精神科医や心理学者などがトランプ大統領を診断した本の中で「病的な自己愛」を指摘している、とのことだ。
同じ様な状況が、日本でも起こっており大勢のナルシシストが発生しているという。

こうした人の特徴(トランプ予備軍という)は、「発信器」はあるが「受信器」はない、という。これにより、無自覚のまま一方的に発信し続けることになり、まわりの評価を落とす(あきれ返って相手にされない)ことになる。現在だけでなく、こうした人は昔もいたと思うが・・・。

私のことを見て、見て!話をもっと聞いて!という自分だけのテンションが上がっている話題の押し付けが行き過ぎるのは、病気の様だ。
一度冷静になって周りの人の反応を見てみることをお勧めしたい。

今後の人間分析に活かそう。

2017.12.21
カテゴリ : 医業

藤井経営の藤井武です。

人間は脳はのごく1部しか活用できていない、という話はよく聞く。
また、理系と文系という分類でも使っている脳の領域が大分違うようだ。
理系型の人は研究中心で、人とのコミュニケーションをあまりせず、使用している脳領域は右脳に偏りがちになる。しかし、社会に出ることでコミュニケーションをとるようになり、自然と左脳が鍛えられる様である。一方で、文系型の人は
もともと右脳を鍛える機会が少なく、社会人になってからは意識的に理系脳(右脳)を使うようにし、自分が得意とする脳領域以外を働かせる訓練をしたほうがよい、とのことだ。
あるコラムを読んでいて笑ってしまったのだが、「いい奥さん」はだらしない男性を作る、とあった。
そのこころは、身の回りのことをなんでもやってもらえるので、毎日仕事しかせず、脳の一部しか使っていないから、だそうだ。一番危険な状態、とも言われている。料理や掃除をしたり、子供の様子を見たりと脳の使い方が多岐にわたるため、「いい奥さん」は高齢者になっても脳の機能が衰えない人が多い、と文書は続いていた。
だらしない男性、私のことか?確かに、料理や掃除、子供の世話など一切合切を妻に任せきりにしてきた。仕事だけは、頑張ってきたつもりだが・・・。
結果として、だらしない男性になっており、脳機能の低下を招きかねない状態だった。

今後は、妻にはもちらん感謝を忘れずに、自分のことはなるべく自分でやるようにしようと思う。

2017.12.14
カテゴリ : DAILY TIPS

藤井経営の藤井武です。

12月も残すところあとわずか。残り少ない2017年・平成29年をしっかり締めくくりたいと思います。

ちょっとショックを受けたのだが、「子供調査2017」によると、母親を尊敬する、という子供が68.1%で過去最高になっている、という記事をみた。
これだけ見ると、当然なのではないか、と思うのだが、比較対象に出されているのが、父親を尊敬する、という子供(61.5%)を上回った、という事実だ。
20年前の1997年時点では、父親を尊敬する子供が約60%で、母親(約50%)を上回っていた。どちらかというと、母親には親しみを感じる子供が多かったのだが、今年の調査では父親の尊敬度は横ばいであったが、母親に対するものは右肩上がりで上昇している。

世のお父さんたちは、家庭のために毎日仕事を頑張り、子供の笑顔に救われていると思う。お父さん達に非はないと思うが、最近のお母さんの立場の変遷があるのだと思う。
今や80%近くが働くママで、専業主婦は20%程度だという。かつ働くママは家事の主役も担っており、ママの存在感が大きいのが昨今の家庭の特徴なのだろう。また、高学歴なキャリアウーマンという側面を持つママが増加しているのも大きいと思う。母親が家庭と仕事を両立させ、子供たちから信頼されているのだろう。
では、父親が子供たちの敬意を取り戻すにはどうすればよいのだろうか?徹底したイクメンしかないのか?

子供が進学の時期を迎え、父親の職業やその具体的な内容を聞かれることが増えた。改めて子供と自分の職業について話をすると、それってどんなことするの?パパって会社でそんなことしてるんだ、と意外に興味をもって聞いてくれた。
今まで自分の職業についての会話も、正直あまりしたことがなかった。子供が会社見学で来社したり、会社の催し物に参加したことはあったが、それだけで理解できるはずがない。頑張って働いているだけでは、自己満足にすぎないことを痛感した。
なんだか少し感傷的な気分になってきたが、とにかく、もっと子供たちといろいろな会話をしていこうと思った2017年の師走である。

2017.12.05
カテゴリ : 農業

12月に入り、今週末ころから忘年会も多く行われることと思います。私も昨日、米麦農業法人の役員会兼忘年会に参加しました。一通りの報告が終わり、台風で遅れた秋作業の様子を聞いてみたところ、それほどの問題もなく終わった様子だった。
そんな中、トラクターなどが土で道路汚し市役所に苦情があり、市職員に注意されたという話題になった。農家の方もできれば汚したくないのだが、仕方ないらしい。両方それぞれ言い分はあり、仕方ないような気がする。するとある人が、舗装道路にしてしまうから、落ちた土が気になるので元々舗装道路にしなければ気にならない。と言い出した。
今どきは道路と言えば舗装された道路だが、私が幼少の頃は私の家のあたりは舗装されていない道路が結構あった。舗装したほうがその後の管理等もしやすいのかもしれないが、舗装しなくても問題ないような道路もある。また、役所に苦情をいうような人は、そもそも舗装してない道路を利用しないだろう。有かもしれない。敢えて未舗装の道路。
農道という道路がある。農作業のために軽トラックなどの駐車は問題ないということだ。但し、市道は農道にはならないため、田んぼ中の道であっても農道といのはこの辺では少ないらしい。
私の住んでいるところあたりは、また別だろう。以前犬の散歩をしている時、田んぼに撒かれるたい肥が落ちている道路の端に、犬のフンの注意書きの看板が立ててあった。   吉田 典佳

2017.11.14
カテゴリ : 農業

先週末、レタスやホウレン草、ブロッコリーなどの野菜が高騰というニュースがTVで流れていた。先月の長雨、台風の影響ということである。ちょうど、ホウレン草農家へ行った帰り道だった。そういえば、先週わが家の冷蔵庫に入っていたブロッコリーは、大きな塊ではなく、1つ1つをバラバラにしてビニール袋に入っていた。その時私は「料理する手間を省いたのか」と思ったが、買ってきた人は「間引いたんじゃないの」と言っていた。(ブロッコリーは間引くようなことはしないと思ったが、余分なことは言わない)もしかしたら、ブロッコリーは、所々茶色部分があって出荷できないという話なので、大丈夫な部分だけを集めて出荷していたのかもしれない。少ない数であれば可能だろう。
先ほどまで、その農家での話題の一つがその高値の話だった。長雨のため、路地栽培のホウレン草が出荷できず、市場に出回るものが全体的に少ないということだった。その農家は、ハウス栽培だけなのでそれほどの影響を受けず、出荷できているため今は少しでも多く出荷したい、ということだった。今年は、昨年に比べ価格が安かったため高値になっていることを、喜んでいた。しかし、その人の予想では、そろそろ値段も下がってくるらしい。
TVでは野菜の値段が高くて家庭は大変だといっているが、高くて喜んでいる人もいる。自然の影響のため仕方ないことなのか。自然に影響されずに育った野菜が、一般的になる時代が来るのだろうか。     吉田 典佳

1 | 2 | 3 ... 11
株式会社藤井経営
Copyright(C) Fujii Keiei Inc. All Rights Reserved.