blog
FCMG
FCMG BLOG
1 | 2 | 3 ... 12
2018.05.08
カテゴリ : 農業

ゴールデンウイークの終わりと同時に、少し寒い雨模様が続いている。奄美地方は、もう梅雨入りということだ。
先日、新潟のお土産といって、魚沼産コシヒカリを頂いた。お土産用の小さな袋に包装されたものだった。内容量を見てみると6合(2合3パック)とあった。1合150gと考えると、1Kg弱ということになる。開けてみると、2合ごとに真空パックされたものが確かに3個入っていた。1kgにこれだけの手間をかけて売れるのだから、そのブランド力には驚くばかりだ。そんな思いを持ちつつ、翌日炊いてみた。上手な食リポはできないので省くが、確かにうまい。普段はご飯に納豆を乗せるが、乗せてはいけないような気がした。しかし、我が家では普段の主食とはならないだろう。作っている農家の方々も、一般庶民の家庭での普段の主食用としては、作っていないだろう。味とこれまで築いた実績で、米を1キロ単位のお土産として売ることがるのだろう。そういえば、先日ゴルフ場で食べた昼食のお米は不味かった。味優先ではなく、値段と味のバランスで必要とされる米もある。売り先を決めた米作りが重要だ。

「おやじギャグかるた」というものをもらった。
「あ」のギャグなんだど思いますか? 来週。  吉田 典佳

2018.04.17
カテゴリ : 農業

タケノコというと何が思い浮かびますか?私はタケノコご飯。
先日、頂いたので早速作りました。実はタケノコ、そんなに好きではないので、今年の分はもう頂いた感じです。
頂いたものは、多分どこかの山から近所の人が採ってきたものだと思いますが、タケノコ栽培をメインとした農業は成り立つのだろうか。数年前からTVのバラエティー番組で、タケノコ王なる方が年収1千万とか話題にはなっているが、あの人もタケノコだけという感じではなかった。
タケノコの生産量は、28年度の調査で福岡県が第一位、次いで鹿児島、熊本と九州地方で生産量が多いようだ。栽培も広い山で管理しながらということになるのだろう。新規に始めるには難しいだろう。
タケノコは加工をするとメンマとなる。こだわりのメンマを作っている人もいたと思う。少ない原料であってっも、加工次第では利益を出せる場合もある。   吉田 典佳

2018.02.20
カテゴリ : 農業

まだまだ寒い日が続くが、1日1日、日が長くなってのがわかる毎日だ。
この時期、多くの農家の方の話を聞く機会が増える。米麦生産法人の定時総会が多いためである。10年近く前から出来てきた法人が、今では佐波伊勢崎地区で20を超えている。
地域の農家、農地を守るためということで、個人で難しくなった米麦の生産を集団で行うことにより、生産性をあげ事業として成り立たせていこうというものでもある。ただ、やはり個人の集まりであり、なかなか一つにまとまってという訳にはいかないだろうと思っていた。しかし、最近そうでもない法人もあるようだ。自分たちの体力の変化や構成員の世代交代、共同の機械の購入などにより、意識も少しずつ変わってきているようだ。
目指す形を決め、動き始めている法人もある。
目指すべきものが決まった人たちには、そこへ向かうべき為の協力を、まだ決まっていない人達には、向かうべき方向を決断するための協力をできればと思う。  吉田 典佳

2018.02.08
カテゴリ : 医業

藤井経営の藤井武です。

北陸地方を襲っている異常気象で、自動車内に閉じ込められ、大変不自由な状況の方が多くらっしゃるようです。また、今回の災害関連で命を落とす方もいる。心からお見舞い申し上げたいと思います。

さて、診療・介護報酬の同時改定の内容が明らかになった。介護は一足先に先月26日に、診療報酬は2月7日に厚生労働大臣へ答申された。

両改定の内容をみても、キーワードとなるのは「地域包括ケア」。
住み慣れた地域で、家族や顔なじみの先生、介護スタッフに見守られながら一生を終える。こうした形に医療・介護提供体制を整えるための後押しを、報酬改定という経済誘導で行っている。今回は、より色濃い内容である。

在宅医療を行うかかりつけ医の評価、介護施設での看取りの評価などが見直され、より重視された。デイサービスやデイケアなどでは、プロセスよりも結果(アウトカム)がより評価される。

今まで在宅や訪問診療などの必要性を感じているが、通常の外来や入院医療から大きく舵を切る場合、現在のコスト(支出)とのバランスから、なかなか踏み切れない経営者が多かった。かかりつけ医機能、遠隔診療、7:1入院料評価、介護医療院の新設・・・。
この同時改定を機に、潮目が変わるのではないか。

これからの医療機関・介護施設経営は、もっと厳しくなるだろう。
地域における役割に基づく理念(ビジョン)経営の大切さをとても感じる改定内容である。しっかりと改定内容を理解した上で、適切な情報提供に努めたい。

2018.01.11
カテゴリ : 医業

藤井経営の藤井武です。

新年あけましておめでとうございます。平成30年の幕開けです。今年も1年よろしくお願いいたします。

昨年よく聞いたワードで「インスタ映え」がある。ご存知のとおり、昨年の流行語である。
この言葉、というよりも内容について、かなり突っ込んだ批評を展開していたある精神科医のコラムに目が止まった。

先生曰く、今の日本社会は自己愛が膨らんだ「自己愛過剰社会」で「インスタ映え」は「自己愛過剰社会」の象徴である、とのこと。
要するに、簡単に注目を集めることができ、自分が主人公(ヒーロー・ヒロイン)になれるので、承認要求(いいね!)と自己顕示欲を満たせるので、行き過ぎたアピールとなり、自分の事象を厚かましく何でもかんでも他人に押し付ける人が増えている、と自分なりに理解した。
「現在、アメリカではナルシシズムがエピデミックにまでなっている」という指摘もある様で、その典型がトランプ大統領のツイッターでの過激なつぶやきであるという。アメリカの27名の精神科医や心理学者などがトランプ大統領を診断した本の中で「病的な自己愛」を指摘している、とのことだ。
同じ様な状況が、日本でも起こっており大勢のナルシシストが発生しているという。

こうした人の特徴(トランプ予備軍という)は、「発信器」はあるが「受信器」はない、という。これにより、無自覚のまま一方的に発信し続けることになり、まわりの評価を落とす(あきれ返って相手にされない)ことになる。現在だけでなく、こうした人は昔もいたと思うが・・・。

私のことを見て、見て!話をもっと聞いて!という自分だけのテンションが上がっている話題の押し付けが行き過ぎるのは、病気の様だ。
一度冷静になって周りの人の反応を見てみることをお勧めしたい。

今後の人間分析に活かそう。

1 | 2 | 3 ... 12
株式会社藤井経営
Copyright(C) Fujii Keiei Inc. All Rights Reserved.