blog
FCMG
FCMG BLOG
1 | 2 | 3 ... 35
2018.10.05
カテゴリ : 日々つれづれ

藤井経営の須田です。

先日、格闘技ファンが待ち望んだ世紀の一戦、那須川天心VS堀口恭司が行われ、那須川天心の判定勝ちで幕を閉じた。観ていたファンは試合に魅了され、歴史に残る一戦と言わしめた試合になりました。数年前まで那須川天心はキックボクシング界では有名でしたが、メディアにはほぼ無名でした。人気抜群のK-1の“カリスマ”武尊に試合を申し込みましたが、大人の事情により断られました。しかし那須川天心は諦めず、RIZINという団体に自分を売り込み、キックボクシングでなく総合格闘技に挑戦をして、一躍スターダムにのし上がりました。そして、総合格闘技団体のRIZINでキックボクシングの大会まで開かせて、格闘技界の神童とまで言われるまでになりました。実力もさることながら、那須川天心のセルフプロデュース能力を今の若い人達に是非見習って貰いたいものです。

因みに、私の長男は小学生5年生の時に、那須川天心とキックボンシングの試合をした事が、今は大いなる自慢の一つとなっています。

それでは皆さん良い週末をお過ごし下さい。

 

2018.09.28
カテゴリ : 日々つれづれ

おはようございます、藤井経営の斉藤です。
気温も一気に低くなり、秋が深まってきました。
秋と言えば、スポーツの秋。そして、運動会ですね。
運動会での親の仕事として場所取りがありますが、最近は学校側も色々と配慮しており、例えば場所取りの順番をくじ引きで決めたりして、混乱を避けています。また、混乱を避ける方法として、特に私が驚いたのが、観覧席の最前列に「譲り合いシート」という場所を設けていることです。自分の子どもが出場する種目のときに、前方を譲り合って観覧やビデオ撮影をするためのスペースを設けているのです。このスペースがあれば、場所が後方であっても、自分が撮影を行いたいときには一番前で撮影ができるため、親にとってはとてもありがたい仕組みとなっています。
私の子どもたちは、明日が運動会。雨が降らずに無事できることを願うばかりです。

2018.09.18
カテゴリ : 日々つれづれ

おはようございます、藤井経営の斉藤です。

先日、子ども達と一緒にキャンプに行ってきました。
キャンプと言えば、まず、雨風をしのぐ為のテント。20年ぶりにテントを張る為、取扱い説明書を読んでも、テントの張り方が全く分からず時間ばかり過ぎてゆく状況。そんな中、取扱い説明書にQRコードがあるのに気が付きました。そのQRコードをスマートフォンで読み取ると、動画によるテントの張り方の説明を見ることができるようになっていました。
お陰様でその動画を繰り返し見ることにより、テントを無事に張ることができ、家族みんなで楽しいキャンプをすることができました。
しかし、人里離れた山奥でもスマートフォンによって助けられる状況に、「万が一、災害等によりスマートフォンが使用できなかった場合どうするのか」という、危機感を感じたキャンプでもありました。

2018.09.13
カテゴリ : 日々つれづれ

藤井経営の須田です。

十年以上も前の話になりますが、某野球選手が37歳でメジャーリーグに挑戦する時に、『Never too Late!人生遅すぎる事はない』という言葉を使いました。周りの誰しもが彼の挑戦を無謀と言いました。実際のところ、メジャーリーグに昇格する事無く日本に戻り引退となりました。しかし、その時の記者会見を観て感銘を受けた人達には、胸に大きく刻まれた言葉となり、彼の挑戦が失敗だとは思っていないと思います。私も座右の銘とまでは行きませんが、自分の人生を支える言葉になっています。

最近、当社も含めて転職する方が増えています。昔の様に、生涯勤め上げるという事が時代と共に変わってきました。転職する方は、現状から逃げだすのではなく、夢と希望を持って、新しい道へ挑戦し、成功して貰いたいと心より思います。

 

2018.09.04
カテゴリ : 日々つれづれ

おはようございます、藤井経営の斉藤です。
先週の土日の二日間、子どもたちにスポーツの指導を行うことができる認定員の資格取得の為、研修及び受験に行ってきました。
二日間で14時間の講義があり、学ぶ内容はスポーツの歴史文化から始まり、スポーツにおける栄養学、トレーニング論など、スポーツに関する様々なことを幅広く、多岐にわたって学んできました。各講義の中で、最も印象に残ったのが、指導者心構えと役割でした。
指導者の心構えは、指導者はあくまでも脇役であって、主体はプレイヤー「Players First」であることを認識しなければならない。そして、指導者の役割は、プレイヤーが自ら取り組み、自ら工夫し、それぞれの個性が発揮できるような環境をプレイヤーと一緒に作ることであると学びました。
最近スポーツ界では、指導者のパワハラなどで騒がれていますが、指導者であるからこそ指導者の基本を大事にすべきであると思いました。

1 | 2 | 3 ... 35
株式会社藤井経営
Copyright(C) Fujii Keiei Inc. All Rights Reserved.