blog
FCMG
FCMG BLOG
2017.06.13
カテゴリ : 日々つれづれ

先週末、ゴルフコンペの参加賞で「小玉スイカ」を貰った。特別に好きな訳ではないが、やはり旬の物は食べたい。子どものころ、住んでいる地域が「スイカ」の産地であったこともあり、時期になると近所の「スイカ農家」から、買っていたのか貰っていたのかは、わからないが、常に家あるものだった。そんな経験からか、自分から買って食べようと思ったことはない。「スイカバー」買って食べることはあるが。

ちなみに、私は当時から種も一緒に食べてしまう。(面倒だから)

そんな私が、今まで食べたスイカの食べ方で気に入ったものが2つある。

ひとつは、杏仁豆腐にスイカ。だいぶ前のことだが、高級中華料理店でランチをご馳走になったとき、デザートで薄く切られたスイカが入っている杏仁豆腐を食べた。柔らかい杏仁豆腐にシャキッとしたスイカの歯ごたえが何ともいえなかった。その後自分でも作ってみたが、店のようにはいかないが、結構いける。

あと一つは、「フルーツポンチ」のスイカだけバージョン。サイダーにひと口大に切ったスイカを入れて食べても美味しい。

それぞれ、お気に入りの食べ方があると思う。
でも、シーズン初めてのものはそのままが一番かな。

残念なことに、今日のスイカちょっと粉っぽかった。

2017.05.23
カテゴリ : DAILY TIPS

先週の土曜日から夏のような暑さが続いている。体がまだ暑さになれていないこともあり、熱中症の人も出ているようだ。もう、木々にも新緑の鮮やかさというより、涼しい木陰を求める時期になった。太陽の光をさけ木陰に入ると、何とも言えず心地よいものだ。

木には、日よけ、風よけ、境界といったいろんな用途がある。田舎にある私の家には、北側、西側に防風・境界のための「樫ぐね」と呼ばれるものがある。「樫ぐね」とは、樫の木で「久根」と書き、「境の垣根」の意味があるらしい。子供の頃から「樫ぐね」という言葉を聞いてきた私には、馴染み深い言葉だが、世間一般的には、そうでもないらしい。実物を見れば、「あっ、あれか」と思う人も多いと思う。

さて、その「樫ぐね」だが、やはり剪定が必要だ。先日の土曜日に、朝から始めたものの、暑さと、慣れない作業のため1時間の作業、30分の休憩と午後4時過ぎまでの作業となり、翌日から今現在に至るまで、全身筋肉痛である。特に、高いところが苦手な私は、三脚に乗ったときに足に異常に力が入っているのだ思う、足がとくに痛い。

そんな私が全身筋肉痛の日曜の夜、「ボルダリング」に行ってきた妻は、やはり筋肉痛になったらしい。おまけに、腕にアザ、傷をつくっていた。

2017.05.16
カテゴリ : DAILY TIPS

朝食は食べましたか?
パン?ご飯?どちらだったでしょうか?それともサラダだけ?
それぞれの方が、それぞれの理由でいろいろな物を食べたことだろう思います。

さて、そろそろ田植えが始まる頃です。日本全国的にみればもう終わった地域もあるでしょう。この辺の地域では、二毛作のため本格的に田植えが始まるのは、来月半ばくらいでしょうか。来月初旬に麦刈り、その後に田植えとなることでしょう。

農林水産省のデータによれば、昭和37年度のコメの1人当たりの年間消費量は118Kg、そこをピークに平成25年度には57kgにまで減っています。全国ベースでは年間約8万トン需要が減少しています。もちろん、供給も農家の高齢化による廃業などによる自然減や、主食米から米粉用米、飼料用米等に変更し需要に合わせようと努力もしていますが、価格の下落は避けられません。
今後、輸入米が市場に現れ価格だけの競争になれば、どうすることもできないでしょう。あくまでも、価格だけの競争というものですが。そこの競争には、価格だけでなく、味、安全性など他の要素も含まれてくることだと思いますが、今の日本人はどんな選択をするのか。

需要が減っているのであれば、それに合わせ供給も減らせばよい、ということもあるが、コメの供給を減らすということは、それだけの問題ではない。水田が減ることになる。

水田には米を作る場所という役割の他に、地下水の量を一定に保つ、洪水対策、地盤沈下対策、水蒸気発散による気温の上昇対策、土砂崩れ防止、景観美化など様々な役割があります。農業という産業だけではなく、地球を守るという意味でも水田は必要なのです。

今後、さまざまな理由で水田が水田としての機能を失っていくことで、食には困らないかもしれないが、新たな環境問題発生する可能性はあると思います。

2017.05.02
カテゴリ : DAILY TIPS

昼間は20℃を超える日になり、過ごしやすい日が続いている。旧暦では八十八夜。朝夜はまだ肌寒いが、「夏もちかづく・・・」とあるように、また暑い日が近づいていることは確かだ。実際の「茶摘み」は地方により差はあるようだが、若葉が多くなっているのは確かで、なんとなく気持がいい。

「お茶」というと思い出す言葉がある。あまり縁起のよい言葉ではないが「お茶っぴき」。

まだ、働き始めて2,3年目の頃、担当した新しく開業したばかりの寿司屋さんとの会話のなかで、「参ったよ、昨日はお茶っぴきだったよ」といわれ、何のことかわからず聞き返し「お茶っぴき」の意味を教えてもらった。「お客が一人も来なかった。」

初めて聞く言葉に興味があったのか、新しく担当したお客との会話に興味があったのかどちらかは覚えていないが、いまだに、この言葉を思い出すたびに、あの人に教わったということも思い出す。普段、使う言葉ではないが、何故か忘れない。聞いていたときの気持ちの問題なのか?

もともと忘れやすい頭の私だが、最近特にひどい。普段の会話を適当に流して聞いてしまっているのか?(それだけではないと思いますが・・・)

新しい人と出会う機会が多い時期ではありますが、まず相手の話をよく聞くことも良いコミュニケーションを取ることのひとつです。

自分の意見を言うことも大切だか、相手の話を聞くことの大切さを再認識しています。

 

 

 

株式会社藤井経営
Copyright(C) Fujii Keiei Inc. All Rights Reserved.